HOME / ユーザー専用TOP / インターネット

インターネット

ユーザー専用

インターネットにつなぐパソコンの台数を増やしたい(例:1台接続→2台接続)

2台以上のパソコン(スマホ・タブレット・ゲーム機)を当社のモデムに接続するには、有線ルータまたは無線ルータをお客様が準備される必要があります。

※2台目以降のパソコン等をお客様が接続・設定される場合には連絡の必要はありません。
※LAN工事、設定作業をご希望の場合は別途有料で承ります。
※2台目以降のパソコン等をルータで接続される場合には1台分の料金でご利用いただけます。

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

メールアドレスの変更

①変更前のアドレスを一度削除してから、
②新たにアドレスを登録する
という手順になります。マイページにログインしてお客様ご自身で変更することができます。
※削除しないままで追加すると、2個目のアドレス追加分として324円/月の課金が発生しますのでご注意ください。
※なお、当月中に作成したアドレスを削除することはできません。

マイページログイン

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

メールのパスワードを変更したい

弊社ホームページからメールアドレスの変更や各種オプションのお申込みができるお客様専用ページ=「マイページ」をご用意しております。マイページにログインするには[アクセスNo.]と[パスワード]が必要です。これらを記載した「インターネットサービス登録通知書」を八戸テレビで発行いたします。今まで発行していた「ユーザ情報通知書」(メール初期設定に使用)とは別の書類です。
※発行を希望される方は下のフォームよりお申込みください。後日、親展にて郵送いたします。
※どうしても急ぐ場合には、必ず電話でご連絡いただき、ご契約者様ご本人が身分証明書をご持参のうえ、八戸テレビの窓口でお受け取りください。

【パスワードを忘れた場合】
※メール初期設定の際に求められる「POPパスワード」を忘れた(「ユーザ情報通知書」を失くした)場合は、「①インターネットサービス登録通知書を発行」を依頼→「②マイページにログイン」→「③お客様がPOPパスワードの再発行をする」という手順で発行することができます。

インターネットサービス登録通知書発行

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

インターネットを一時停止したい

建て替え、長期出張、などでインターネットサービスを一時停止されたい場合は、お早めに八戸テレビへご連絡ください。一時停止期間はおおむね1年間を目安にさせていただいております。お電話にてお申し出ください。
※ケーブルモデムは一度回収させていただきます。
※一時停止の期間は月額利用料は発生しません。
※月ごとのご契約になります。月途中に停止された場合でも、ご利用月の利用料は1カ月分をお支払いただきます。
※書類手続は八戸テレビが代行し、モデム回収時にお客様控をお渡しします。

インターネット一時停止 手続き方法

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

一時停止していたインターネットサービスを再開したい

一時停止していたテレビサービスを再開されたい場合は、八戸テレビへご連絡ください。営業担当者より折り返しお手続についてご連絡します。一時停止期間はおおむね1年間を目安にさせていただいております。詳しくはご相談ください。
※再開手数料1,080円がかかります。

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

インターネットサービスを解約したい

※インターネットサービス解約と同時に弊社ドメインのメールアドレスは削除されます。弊社ドメインでホームページを開設しているときは、当該ホームページ領域は削除されます。
※ケーブルモデムは、ご解約の際に回収させていただきます(お客様での取り外しは行わないでください)。
※月ごとのご契約になります。月途中に解約された場合でも、ご利用月の利用料は1カ月分をお支払いただきます。
※解約によって弊社サービスすべての利用契約がなくなる場合は引込線を撤去します。保安器からケーブルモデムまでの単独配線撤去の際は、穴空け部はパテ埋め補修となります。
以上、ご確認いただけましたら八戸テレビへご連絡ください。機器回収日時などを打ち合わせさせていただきます。

ご連絡先:八戸テレビ放送:0178-24-1111

他社インターネットへの乗換えを検討されているお客様へ

電話線を使ったインターネット接続はお客様の通信環境に大きく依存するため、他社インターネットに変更しても回線状況が変わらない可能性があります。

通信速度が遅いと感じているお客様へ

■弊社インターネットサービスには2つのコースがございます。現在3Mコースでご利用のお客様で通信速度が遅いと感じられているお客様は、この機会に15Mコース・50Mコースへのご変更をお勧め致します。1カ月毎のご変更が可能です。

■パソコンの動作が遅い場合、次のような原因も考えられます。
OSはWindows7と致しまして、パソコンの処理速度アップ方法をアドバイスさせていただきます。是非お試しください。

1.常駐ソフトが多い
画面右下のタスクトレイに表示されるアイコン群が常駐ソフトと呼ばれるソフトで、Windows起動と同時に起動し、常に動いています。セキュリティソフトなども含まれますが、この常駐ソフトが多数あるとパソコンの処理能力を奪ってしまうために動作が遅くなることがあります。不要なものはアイコンを右クリックして終了させてみてください。

2.メモリが不足している
上記1にも関連しますが、Windowsではメモリを一時的な作業スペースとして使用しています。これが不足すると代わりに内蔵のハードディスクを利用しようとします。メモリに比較するとハードディスクは圧倒的に速度が遅いためにパソコン全体の処理速度がかなり落ちてしまいます。一般的にWindows 7においては、最低でも1GBが必要だと言われています。

[Windows]ボタンを左クリック、[コンピュータ]を右クリックして[プロパティ]を選択し、[実装メモリ(RAM):]の項目を確認してください。これがメモリの大きさです。メモリは多ければ多いほど快適になるので、少ない場合は増設をご検討ください。具体的なことや取り付け方法はパソコンショップなどにご相談ください。

3.ハードディスク内のデータの断片化
新品のパソコンにデータを保存していくと順番に記録されていきますが、不要なデータの削除を行なうとその部分が虫食い状態になります。さらに新しいソフトのインストールやデータの保存・削除を行なうと、データがあちらこちらに散乱していきます。これが断片化と呼ばれる現象です。
断片化が進むと、ディスク内に連続した空きスペースが少なくなるため、ディスク内の空きスペースに分割して保存されるようになります。このような分割して保存されたファイルが増えてしまいますと、OSの処理量の増大や読み書き速度の低下につながるといった現象が発生します。

[全てのプログラム]内の[アクセサリ]内、[システムツール]内の「デフラグツール」を実行することで、ハードディスク内のデータを整理することができます。
ハードディスクに対し、デフラグを行ないますと、ハードディスクの読み書き速度の向上やハードディスクの容量の増加ができます。

4.ウィルスなどの感染
セキュリティソフトがインストールされていても、ウィルスやパソコン内のデータを盗み出すスパイウェア、広告を表示するアドウェアは侵入します。自己増殖を繰り返したり、悪質なものでは記憶媒体内の重要なファイルを消したり改変するものもあります。これらが裏で勝手に動作すると、パソコンの本来の処理が邪魔され、動きが悪くなります。
セキュリティソフトによるパソコン全体のスキャンを行ない、検知されるウィルスはすべて除去されることをお勧めします。検知および除去ができない場合は、セキュリティソフトのメーカーにご相談いただくかパソコンの初期化もご検討ください。

5.ディスクの問題
内蔵ハードディスクのファイルシステムの破損や機械的な損傷がある場合、同様にパソコンの動きが悪くなります。いつ起動できなくなってもおかしくないという状況ですので、至急データのバックアップを取っておいてください。

上記のうち1~5を試しても状況が変わらない場合には、パソコンの初期化をお試しください。