HOME / お知らせ / デジタル放送の「ダビング10(テン)」について

デジタル放送の
「ダビング10(テン)」について

ダビング10(テン)って何ですか?

デジタル放送をHDDレコーダーなど直接、受信して録画する場合、著作権保護のため従来は1回だけ「ムーブ」できたものが、規制緩和されて「コピー9回、ムーブ1回で合計10回」までできるようになったものです。(2008年7月4日から開始)

全ての録画機器で「ダビング10」になるのですか?

お客様宅のデジタル録画機器が「ダビング10」に対応していれば自動的にバージョンアップされます。電源コンセントを抜かずに電源オフ状態にしておく必要があります。
対応機種は別表の通りです。対応できない旧型機種は「コピー1(ワンス)」のままです。

下記に一部機種を掲載していますが、詳しくは各メーカーのホームページをご確認ください。

メーカー
全てのデジタル放送で「ダビング10」になるのですか?

ダビング10の対象となるのは地上デジタル放送と「WOWOW」「スター・チャンネルハイビジョン」を除くBSデジタル放送(CSデジタル放送はダビング10の対象外)ですが、HDD(ハードディスク)付STB以外のSTBで地上デジタル放送、BSデジタル放送を受信して録画した番組はダビング10の対象になりません。

ダビング10の対象とならないSTB ダビング10の対象となるSTB

パイオニア BD-V370

パイオニア BD-V371L

マスプロ DST62

マスプロ DST62H

パイオニア BD-V700
HDD(ハードディスク)付

パナソニック TZ-BDT910P

パイオニア BD-V8701R
ダビング10の対象
  • ①当社採用のパイオニア製HDD付STBで録画した地上デジタル放送、BSデジタル放送(WOWOW、スター・チャンネルハイビジョンを除く)
  • ②地上デジタルチューナー内蔵のダビング10に対応したHDDレコーダーで地上デジタル放送を直接受信して録画した番組
以前録画した「コピー1」の番組は「ダビング10」にならないのですか?

2008年7月4日以前に録画した番組はコピー1のままです。
ダビング10等に関する下記のQ&Aもご参照ください。

  • 総務省
  • 社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)