HOME / お知らせ / SNS利用注意喚起

SNSご利用者様が犯罪に巻き込まれないために

近年、青少年のスマートフォン等のインターネット接続機器の利用が急速に進んでおり、多くの青少年がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用するようになっています。SNSの一例として[ライン][ツイッター][フェイスブック][インスタグラム]などがあります。


今般、SNSの不適切な利用等により、青少年が犯罪に巻き込まれる深刻な事案が発生したところです。

 

当社のご利用者様におかれましても、ご家庭内で改めて使用方法についてご確認をお願いいたします。

 

あるご家庭での確認方法をご紹介します。

【個人情報を載せない】
特定の個人への送信だけでなく、ツイッター等に掲載しただけで接触される場合があります。
【自分や友人の画像を載せない】
見られて困る画像を載せないことはもちろんですが、画像から位置情報や自宅がわかるケースがあります。
【SNS等のインターネット上で知り合った相手と直接会わない】
「悩んでいる」「家出したい」等と書き込んだだけで親身に相談にのってくれる場合がありますが、直接会うのは危険です。
【使用時間を定め家族全員のスマホを1箇所で充電する】
決められた時間に自身から離れた場所に置くことで、ダラダラとSNSを継続する抑制になります。

 

何か悩みがある場合は「保護者や学校だけでなく、公共機関の相談窓口などを利用する」等、未来を担う青少年が、このようなリスクに対する適切な対応を理解したうえで、スマートフォン等を正しく利活用できる環境を整えることが非常に重要となっています。

 

弊社では未成年の使用者には「フィルタリングサービス」(月額330円)のご利用を促しておりますが、ご利用されていないお客様におかれましてはご検討をお願いいたします。