HOME / お知らせ / 八戸三社大祭2017

~夏燃ゆる 日本一の山車まつり
八戸三社大祭2017

※審査結果は、最下部バナーより「八戸三社大祭2017 山車題名」ページでご覧いただけます。

三社大祭再放送案内

DVD購入画面

八戸三社大祭とは
三社大祭お通り

300年の歴史と伝統を誇る日本一の山車祭り『八戸三社大祭』。7月31日の前夜祭を皮切りに8月1日から4日までの5日間、盛大に繰り広げられます。

神明宮・おがみ神社・新羅神社の三神社の神輿の行列と各町内で製作した山車が市内目抜き通りを練り歩きます。

絵巻物語を思わせる山車はまさに豪華絢爛。武者物、民話、歌舞伎、縁起物などを題材に27台の山車が豪華絢爛を競い合います。

また引き子たちの「ヤーレ、ヤーレ」の元気な掛け声とともに大太鼓、小太鼓、笛のお囃子が夏空に響き渡り、独特な情緒をかもしだします。

三社大祭夜間運行

中日の8月2日に行われる『夜間運行』はライトアップされた山車が幻想的に練り歩き昼とは一味違う幻想的な絵巻物語を繰り広げます。

初日の『お通り』同様、祭りの顔となりました、その幻想的な光景は日本夜景遺産にも登録されています。

また今年は、平成28年12月1日に「ユネスコ無形文化遺産」に登録されたことを記念して「ユネスコ無形文化遺産登録記念祭」が、8月5日(土)、市庁前市民広場にて開催されます。

テレビ・インターネット配信スケジュール
三社大祭放送時間
山車題名